多汗症ネットガイド 多汗症の原因〜治療・対策・手術

多汗症の治療について説明しています

多汗症の治療

変温動物の多くが体外に水を排出し、その気化熱により体温を一定に保つ仕組みを持っています。言わばは重要な体温調整機能の一部とも言えます。そんな大切な汗なのですが最近では一転して、ワキ汗を含める汗は嫌われ者と言うイメージもあるようです。また最近ではストレスなどにより自律神経に影響を与え、その乱れが必要以上の汗を出してしまうという事もあるようです。ではそんな多汗症の治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。多汗症は全身性の多汗症や局所性多汗症など症状によって様々なのですが、治療法も幾つかあります。内服薬を使用する場合には副交感神経遮断薬などを服用する場合と、外用薬を使用し日常生活で高温多湿の場所を避けるような治療法もあります。また多汗症によって体臭などが強くなってしまう場合も多くあり、多汗症の治療と共に体臭やワキガの治療を行う場合が多いようです。体臭の治療としては治療薬などを併用して、汗が多く菌などの繁殖のしやすいワキなどを清潔に保つ事が最善とされています。また心理的な原因などで多汗症になってしまった場合などには神経の興奮を抑える効果のあるカルシウムなどを積極的に取る事とストレスを軽減する事でも改善するようです。

Copyright 2008-2012 多汗症ネットガイド 多汗症の原因〜治療・対策・手術 All Rights Reserved.